「区別」と「差別」を区別する

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数3,207
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「区別」と「差別」を区別する
     「 戸籍訂正とジェンダーフリー 」を拝見しました。
     私の考えでは、戸籍訂正問題とジェンダーフリーと絡めて論じることについての「座りの悪さ」は、 ジェンダーフリーにおいて(例えばラジカル・フェミニズムにも昔から見られるように)「区別」と「差別」とが区別されていない点に由来するのではないかと思います。
     「差別」とは何かというと、差別の対象があるカテゴリーに属しているとして、そのカテゴリーを不当に「価値のないもの」「劣っているもの」と評価し、それによって相手(差別の対象)を不当に貶めるこ とで自分を相対的に高い位置に置く、ということです。そしてその動機は何かというと、それによって自己のアイデンティティ不安から(差別をするつど一時的に)逃れられるということ、つまりアイデンティ ティ補償にあります。一方、差別に利用されやすいカテゴリーとして例を挙げると、「異教徒」「黒人」 「部落」「在日朝鮮人」、そして「女」というのがあるわけですね。
     これらのカテゴリーは当然、何らかの差異によって「区別」される(カテゴライズされる)ことで生じるわけですが、しかし「差異」や「区別」は、「差別」とは同義語ではありませんし、また差別の「原因」でもありません。別の表現をすれば、「差別」は「差異」(区別)を利用して行なわれるけれども、 「差異」(区別)は「差別」の本質ではありません。  「区別」と「差別」を同一視し、「差別」をなくすためには「区別」やその原因となるあらゆる「差異」をなくさなくてはならない、という考えが、様々な分野の反差別運動に見られたたことは事実です。 しかし、こういう考え方は「差別とは何か」についての考察が浅く、「差別」の本質をつきはずしていると思います。このような考え方を突き詰めてゆくと、多様性の否定にならざるを得ません。
    しかし、  ・肌の色の違いがなくならなければ黒人差別はなくならない。  ・あらゆる宗教が一つに統一されなければ宗教を理由とした差別や争いはなくならない。  ・「民族」という概念を捨て去らなければ在日差別はなくならない。
    というのは、いずれもおかしなことではないしょうか。しかも現代ではこうした反差別の思想は、その一方で「多様性を認めよう」といったりもするわけです。
     真樹子さんの「性別<選択>の自由」という定義とは違って、私の印象では「ジェンダーフリー」は実際 には「ジェンダーレス」を志向しているとしか考えられません。そうでなければ「区別」と「差別」が同一視されるはずがないからで、逆に「選択」はあらかじめ、あれかこれかという「区別」を前提として要求します。この混乱はおそらく、「差異の否定」と「多様性の容認」という相反する条件が引き起こす矛盾の現われだと思います。現代の反差別の思想はこのような内部矛盾をかかえてしまっているために、傍から見るとどこか胡散臭い思想として受け取られてしまう、という状況に陥っているのではないでしょう か。
     これはあくまでも私の勝手な印象として書くのですが、多くのジェンダーフリー支持の当事者がこの矛盾に目をつぶっているのに対して、おそらく真樹子さんの鋭敏な感性はそれを無視できないのだろうと思います。それゆえに、真樹子さんはこの矛盾に引き裂かれるような、ある種の葛藤を抱えているように見受けられます。  なぜ反差別の思想がこういう矛盾を抱えるのかというと、差別の撤廃についてあまりに実践的な課題を立てることを急ぎすぎたからだと思います。もちろん差別される側にとってその解決は急務であり、し

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「区別」と「差別」を区別する
     「 戸籍訂正とジェンダーフリー 」を拝見しました。
     私の考えでは、戸籍訂正問題とジェンダーフリーと絡めて論じることについての「座りの悪さ」は、 ジェンダーフリーにおいて(例えばラジカル・フェミニズムにも昔から見られるように)「区別」と「差別」とが区別されていない点に由来するのではないかと思います。
     「差別」とは何かというと、差別の対象があるカテゴリーに属しているとして、そのカテゴリーを不当に「価値のないもの」「劣っているもの」と評価し、それによって相手(差別の対象)を不当に貶めるこ とで自分を相対的に高い位置に置く、ということです。そしてその動機は何かというと、それによって自己のアイデンティティ不安から(差別をするつど一時的に)逃れられるということ、つまりアイデンティ ティ補償にあります。一方、差別に利用されやすいカテゴリーとして例を挙げると、「異教徒」「黒人」 「部落」「在日朝鮮人」、そして「女」というのがあるわけですね。
     これらのカテゴリーは当然、何らかの差異によって「区別」される(カテゴライズされる)ことで生じるわけですが、しかし「差異」や「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。