エッセンシャルオイル事典プロレベル精油

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数20
閲覧数336
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ■アロマテラピーのプロフェッショナルレベル精油
    スキンケアにはこれ!カモミールジャーマン
    カモミール・ジャーマン
    ピーターラビットのお話にも出てくる「カモミールティ」。ヨーロッパ人にとっては家庭内の常備薬のようなお茶。 (Matricaria recutita) キク科の草本 水蒸気蒸留にて採油 ハーブティ で最も有名なのがこのカモミール・ジャーマンではないでしょうか。カモミールとは「地面のりんご」という意味のギリシャ語に由来します。それは葉がりんごに似た芳香をもつからで、このフルーティな香りは印象深く、ガーデニングで楽しむ人も少なくないはず。一方、カモミール・ジャーマンのエッセンシャルオイルというと少しマニアックかもしれません。 このエッセンシャルオイルはまず見た目からかなりインパクトがあります。 それはオイルの色。墨のような、インクのような、濃い紺色をしています。このような色のエッセンシャルオイルは、通常使うオイルでは珍しい。香りもかなり薬草っぽく、心地よい印象からは遠いものかもしれません!だからこそ、いかにも「効きそう!」というセラピーにはふさわしい植物です。 ちなみ、アロマテラピーで使われるもう1つのカモミールが、カモミール・ローマン。香りはこちらの方が使いやすいかもしれませんね。⇒ カモミール・ローマン
    カモミール・ジャーマンのアロマ効果
    お風呂でゆっくり薬草風呂。 濃紺色をしているのは「カマズレン」という成分が含まれているから。この成分は目薬、うがい薬、塗り薬などに配合されていることがあります。医薬品に含まれているものは自然のものではないと思いますが、この成分が天然のハーブに含まれているのが、カモミールの特長!カマズレンは抗炎症が期待できる成分。 クリーム を作ってみては?かさかさした手指をしっとりとさせてくれます。乾燥など、肌トラブルの多くなるこれからの季節にオススメです。 また、腹痛や消化機能が落ちてるときには、背中や腹部を軽く マッサージ してもGood。また、 筋肉痛 や関節の痛みにはカモミール・ジャーマン入りの アロマバス でリラックスしてみましょう。 ◆注意 カモミール・ジャーマンは濃紺色。ハンカチなどに落とすとシミがつきます。何度か洗濯すれば目立たなくなりますが、完全に落ちないこともあります。 ◆ガイドからひとこと提案 かなり濃度を低くすることで、リンゴのような香りになります。 ラベンダー とのブレンドは、香りに柔らかさが出て、フローラルな要素がプラスされます。使いやすくなりますよ。 参考文献 『ハーブ事典』レスリー・ブレムネス著 樋口あやこ訳(文化出版局) 『アロマテラピーマッサージ・ブック』クレア・マクスウェル=ハドソン著 前田久仁子訳(河出書房新社)
    たるみはサイプレスできゅっと引き締め!
    サイプレス
    (Cupressus sempervirens) ヒノキ科の木本 葉と球果を水蒸気蒸留にて採油 神話にも登場する木は50mにもなるイトスギ属の一種。日本ではホソイトスギの名で知られます。スギといっても花粉症で有名な一般のスギ科のものとは違います。卵型の球果をつけ、そこにも香りを含みます。サイプレスはヨーロッパではメジャーな木で、 ゴッホの絵 (from フランスサイト)ではよく見られます。
    サイプレスのアロマ効果
    お肌に喝!刺激を与えます。 サイプレスは 引き締め効果 があるといわれ、たるんだ皮膚やお腹に有効です!また、 むくみ 、 セルライト解消 にも使いたい精油。なので、まずはトリートメントで使うのがオススメ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ■アロマテラピーのプロフェッショナルレベル精油
    スキンケアにはこれ!カモミールジャーマン
    カモミール・ジャーマン
    ピーターラビットのお話にも出てくる「カモミールティ」。ヨーロッパ人にとっては家庭内の常備薬のようなお茶。 (Matricaria recutita) キク科の草本 水蒸気蒸留にて採油 ハーブティ で最も有名なのがこのカモミール・ジャーマンではないでしょうか。カモミールとは「地面のりんご」という意味のギリシャ語に由来します。それは葉がりんごに似た芳香をもつからで、このフルーティな香りは印象深く、ガーデニングで楽しむ人も少なくないはず。一方、カモミール・ジャーマンのエッセンシャルオイルというと少しマニアックかもしれません。 このエッセンシャルオイルはまず見た目からかなりインパクトがあります。 それはオイルの色。墨のような、インクのような、濃い紺色をしています。このような色のエッセンシャルオイルは、通常使うオイルでは珍しい。香りもかなり薬草っぽく、心地よい印象からは遠いものかもしれません!だからこそ、いかにも「効きそう!」というセラピーにはふさわしい植物です。 ちなみ、アロマテラ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。