知識と権力--クーン.ハイデガー.フーコー

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数868
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    J.ラウズ著(成定・網谷・阿曽沼共訳)『知識と権力--クーン/ハイデガー/フーコー』
    法政大学出版局, 2000年, pp.369 + 39.
    訳者あとがき
     本書『知識と権力--クーン/ハイデガー/フーコー』は、Rouse, J., Knowledge and Power: Toward a Political Philosophy of Science, Cornell U.P., 1987の全訳である。原題のうち、副題の部分は、直訳すれば「科学の政治哲学へ向けて」ということになるだろう。しかし、邦訳の副題としては、本書の叙述と展開の中で重要な役割を演じている三人の思想家、クーン、ハイデガー、フーコーを列挙することによって、著者ラウズの科学論の方向性を示唆することとした。
     言うまでもなく、クーン、ハイデガー、フーコーの三人は、二十世紀の学問と思想の世界に巨大な影響力を及ぼした思想家である。次の世紀も、少なくとも当分の間、彼らの影響力が衰えることはあるまい。とはいえ一般には、この三人の思想と学問は、互いに異質あるいは無関係と思われているのではあるまいか。したがって、邦訳の副題として、三人の名前を並記することに若干のためらいがなかったわけではない。しかし、ラウズは本書において、これら三人が提起した概念や方法を大胆に拡張し、さらにそれらを融合することによって、自らの科学論を構築している。
    すなわち、クーンからは「実践としての科学」という概念を、ハイデガーからは「実践的解釈学」の方法を、フーコーからは「知識と権力」の関係をめぐる新しい見方をそれぞれ取り入れることによって、ラウズは実験室の中で科学知識が作り出されていくプロセスを活写し分析している。そのような分析を通じて、ラウズは、自然に関する認識(自然科学)と人間・社会に関する認識(人間科学)の間には、方法においても、また知識の本性においても、本質的な差異はないと論じ(だからといって、両者が全く同じだと主張しているわけでもない)、さらに、科学知識生成の場としての実験室は、フーコーのいう「規律・訓練の施設」の一つに他ならない、といった大胆な主張を提示しているのである。
     ヨーロッパの哲学思想と英米圏の科学哲学の架橋というラウズのモチーフについて、また、自然認識にも解釈という行為が不可避であること、その意味では自然科学と人間科学の間に本質的な差異はないというラウズの主張について、類似した試みとして、われわれにはすでに野家啓一氏の先駆的で野心的な論考がある(『科学の解釈学』新曜社、一九九三年)。道具立てと論述の筋道に違いはあっても、大筋で両者(ラウズと野家氏)が同じ方向を指さしていることは間違いないし、科学論の最も重要で肥沃な論点がここにあることもまた衆目の一致するところであろう。(もっとも、野家氏自身は、「科学の解釈学」から「科学のナラトロジー」へと問題関心を移しつつあるとのことだし、後述するように、ラウズは近年、「科学のカルチュラル・スタディーズ」に着目しているようである。)
     フーコーを科学論の中に位置づけるという試みについて言えば、以前、訳者らが邦訳したG・ガッティング『理性の考古学--フーコーと科学思想史』(産業図書、一九九二年)に先駆的な事例がある。しかし、ガッティングの論述と分析は『知の考古学』にとどまっており、『監獄の誕生』と『性の歴史』には及んでいなかった。桜井哲夫氏の卓抜なフーコー論(『フーコー--知と権力』講談社、一九九八年)からもみてとれるように、フーコー思想の真骨頂が晩年の

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    J.ラウズ著(成定・網谷・阿曽沼共訳)『知識と権力--クーン/ハイデガー/フーコー』
    法政大学出版局, 2000年, pp.369 + 39.
    訳者あとがき
     本書『知識と権力--クーン/ハイデガー/フーコー』は、Rouse, J., Knowledge and Power: Toward a Political Philosophy of Science, Cornell U.P., 1987の全訳である。原題のうち、副題の部分は、直訳すれば「科学の政治哲学へ向けて」ということになるだろう。しかし、邦訳の副題としては、本書の叙述と展開の中で重要な役割を演じている三人の思想家、クーン、ハイデガー、フーコーを列挙することによって、著者ラウズの科学論の方向性を示唆することとした。
     言うまでもなく、クーン、ハイデガー、フーコーの三人は、二十世紀の学問と思想の世界に巨大な影響力を及ぼした思想家である。次の世紀も、少なくとも当分の間、彼らの影響力が衰えることはあるまい。とはいえ一般には、この三人の思想と学問は、互いに異質あるいは無関係と思われているのではあるまいか。したがって、邦訳の副題とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。