大学の組織原理をどう再構築するか

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数786
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学の組織原理をどう再構築するか
    --管理運営と教育・研究組織をめぐって--
     この研究セッションでは三つの報告とそれに基づく討論がなされた。冒頭で司会の吉田氏が示唆したように、このセッションでは主に二つの論点をめぐって報告・討論がなされた。第一に大学の管理運営のあり方、第二に大学における教育組織と研究組織のあり方である。
     周知のように、日本の大学は、戦前は主にドイツの大学を、また、戦後は主にアメリカの大学をモデルとしながら、日本的にアレンジして、管理運営され、また、教育研究がなされてきた。しかし、学問研究の変化と多様化、また情報化の進展に代表される経済社会の変化の中で、今日、我が国の大学の管理運営のあり方、教育・研究組織のあり方が抜本的に問い直されるに至った。その結果、1991年のいわゆる「大学設置基準の大綱化」を契機として、政府の大学・高等教育に関する政策レベルで大きな変化が生じ、これに応じて個々の大学レベルでも、大学組織の再構築のための模索が試みられているのである。このセッションでは、このような問題意識を前提として、再構築の試みをどのように評価するかををめぐって報告と討論がなされた。
     第一報告を担当した山野井氏は、広島大学高等教育研究開発センターでなされた「大学組織改革に関する調査」の結果を踏まえて改革の現状と問題点を整理するとともに、知識論を中核に据えて大学改革を理解するための新しい枠組みを提示した。この報告で強調されたのは、教育組織と研究組織の分離の動きであった。従来、大学は学部―学科―講座という階層的な組織を中心に運営されてきた。ポスト、予算、設備は、この組織に対して配分され、研究も教育もまた、この組織を基盤として営まれてきた。大学における管理運営も、「学部」自治を前提としてきた。学部―学科―講座という階層的な組織は、少なくとも大学教員にとっては分かりやすく安定していて居心地の良い効率的な組織である。しかし、反面、硬直的で柔軟性に欠ける。学問研究の変化や社会の変化に対応しにくいのである。このような問題点は、長年、大学の内外から批判されてきたところである。
     1973年、従来の大学の組織構造のマイナス面の克服を課題に掲げた新構想大学として筑波大学が設立された。第二報告を担当した桑原氏は筑波大学の副学長としての経験を踏まえて「筑波大学の実験30年」を語った。筑波大学が新構想大学と言われるゆえんは、第一に「教育組織(学群・大学院)と研究組織(学系)の分離」であり、第二に「全学自治(中央管理方式)の導入」であった。
     多くの大学が組織原理の見直しを迫られる中で、教育組織と研究組織の分離に着手し(例えば九州大学)、また、学部自治の壁を突破して全学的な視点からの大学経営を目指して学長・副学長を中心とした執行部体制の確立に腐心している現状からみて、30年前の筑波大学の「実験」は、まことに先導的な試みであったと言わねばなるまい。我が国の大学は、30年におよぶ筑波大学の「孤独な実験」(筑波方式を追随する大学がなかったという意味)から多くのことを学ぶことができるし、学ばねばなるまい。その点、桑原氏が、中央管理方式による迅速な意思決定などを挙げて筑波大学の組織原理のメリットを強調すると同時に、30年の実践の中で生じた学系制をめぐる問題点を率直に語ったことは特筆に値しよう。
     国際基督教大学(ICU)は第二次大戦後、アメリカのリベラルアーツ・カレッジをモデルに、一般教育を日本の大学に根付かせようと設立された比較的小規模の私立大学である。戦前以

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    大学の組織原理をどう再構築するか
    --管理運営と教育・研究組織をめぐって--
     この研究セッションでは三つの報告とそれに基づく討論がなされた。冒頭で司会の吉田氏が示唆したように、このセッションでは主に二つの論点をめぐって報告・討論がなされた。第一に大学の管理運営のあり方、第二に大学における教育組織と研究組織のあり方である。
     周知のように、日本の大学は、戦前は主にドイツの大学を、また、戦後は主にアメリカの大学をモデルとしながら、日本的にアレンジして、管理運営され、また、教育研究がなされてきた。しかし、学問研究の変化と多様化、また情報化の進展に代表される経済社会の変化の中で、今日、我が国の大学の管理運営のあり方、教育・研究組織のあり方が抜本的に問い直されるに至った。その結果、1991年のいわゆる「大学設置基準の大綱化」を契機として、政府の大学・高等教育に関する政策レベルで大きな変化が生じ、これに応じて個々の大学レベルでも、大学組織の再構築のための模索が試みられているのである。このセッションでは、このような問題意識を前提として、再構築の試みをどのように評価するかををめぐって報告と討論が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。