進化論への道程

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数674
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    進化論への道程
    チャールズ・ダーウィン Charles Darwin(1809-1882)
    『ビーグル号航海記』
    Journal of Researches into the Geology and Natural History of the countries visited during the Voyages of the H.M.S. Beagle Round the World(1839)
    ◆作品紹介
     1831年、イギリス海軍は木造帆船の軍艦ビーグル号による南アメリカおよび太平洋地域の調査探検を企てた。艦長はフィッツ・ロイであった。この調査船に博物学者として乗り組んだのが、当時弱冠22歳、ケンブリッジ大学で神学を学んだアマチュア博物学者のチャールズ・ダーウィンであった。ビーグル号は1831年12月にイギリスを出発し、1836年10月に帰国するまでの約5年間、南アメリカ、南太平洋、オーストラリア、インド洋などを調査したが、その間ダーウィンは各地の地質、生物を詳しく観察し記録した。
     ダーウィンはビーグル号に積み込んだ書物、例えば、博物学者A.フンボルトの『南アメリカ旅行記』や地質学者C.ライエルの『地質学原理』を手がかりにしながら、熱心に各地を探検調査した。また、ダーウィンは航海の途中、しばしば大陸の内陸部に足を踏み入れて長期にわたる調査旅行を企て多くの標本を収集した。このような調査を通じて、ダーウィンは多くの絶滅した動物の化石を発見するとともに、動物や植物の地理的分布に注目し、生物とその生息環境との相互作用に深い関連があることに気付くに至った。
     ダーウィンは、各地で生活する人々についても民俗学的かつ人類学的な関心から観察し記録しているが、特に南アメリカ最南端に位置するフェゴ島の原住民に関する記述は興味深い。というのも、艦長フィッツロイは前回の調査の際、フェゴ島の原住民4人をイギリスに連れ帰っており、今回の航海の目的の一つは、イギリスで英語を覚えるなど「文明化」した彼らを、イギリス人宣教師とともに故郷に連れ戻すことであったからだ。
     このような多くの経験を積み、航海を通じて博物学者として成長したダーウィンは、1835年9月、南アメリカ大陸から約1000キロメートル離れ、赤道直下に位置するガラパゴス諸島にたどりついた。ここで彼はきわめて奇妙な動植物に出会った。サボテンを食べる巨大なゾウガメがおり、しかも、島々によってゾウガメの甲羅の形状は異なっている。サボテンを食べるリクイグアナがいる一方、海辺で海草を食べるウミイグアナがいる。また、住む場所と食する餌によって微妙にくちばしの形状が異なる小鳥(フィンチ)が観察された。地質学的には非常に新しいガラパゴス諸島におけるこれらの固有種の存在は、ダーウィンに「種の誕生」という「神秘中の神秘」に対する貴重なヒントを与えてくれたのである。
    ◆読み方
     本書は、ビーグル号による航海の記録を日記の体裁をとってまとめたものである。当初、フィッツ・ロイの著作の一部として世に出たが、1845年に独立の著作として改訂版が出版された。通常、流布しており、また邦訳の底本となっているのは、この改訂版である。ダーウィンは、本書の執筆・出版を通じて、自然選択による種の進化というアイデアを育むとともに、博物学の世界に確固たる地歩を築いた。
     航海記は全23章から成る(改訂版では全21章、以下同様)。第1章から18章(16章)までは南アメリカ大陸の各地の様子が詳細に報告され、第20章(18章)から第23章(21章)

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    進化論への道程
    チャールズ・ダーウィン Charles Darwin(1809-1882)
    『ビーグル号航海記』
    Journal of Researches into the Geology and Natural History of the countries visited during the Voyages of the H.M.S. Beagle Round the World(1839)
    ◆作品紹介
     1831年、イギリス海軍は木造帆船の軍艦ビーグル号による南アメリカおよび太平洋地域の調査探検を企てた。艦長はフィッツ・ロイであった。この調査船に博物学者として乗り組んだのが、当時弱冠22歳、ケンブリッジ大学で神学を学んだアマチュア博物学者のチャールズ・ダーウィンであった。ビーグル号は1831年12月にイギリスを出発し、1836年10月に帰国するまでの約5年間、南アメリカ、南太平洋、オーストラリア、インド洋などを調査したが、その間ダーウィンは各地の地質、生物を詳しく観察し記録した。
     ダーウィンはビーグル号に積み込んだ書物、例えば、博物学者A.フンボルトの『南アメリカ旅行記..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。