書評:水素エコノミー エネルギー・ウェブの時代

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数350
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ジェレミー・リフキン著(柴田裕之訳)『水素エコノミー エネルギー・ウェブの時代』
    NHK出版、2003年、pp.342+23。
     著者リフキンは、本書を通じて、石油に依拠した「石油エコノミー」に早く見切りをつけて「水素エコノミー」へ移行するよう提案している。というのも、第一に石油の生産は「早ければ2010年以前に、遅くとも2020年までにピーク(推定可採埋蔵量の約半分が生産されたときのこと)に達する」と考えられるからである(本書、p.23)。また、石油の最大の産地は中東であるが、そこは政治的にきわめて不安定な地域となっているからである(第5章「イスラム教という波乱の要素」)。さらに、化石燃料の大量消費に伴う二酸化炭素の放出が地球温暖化の原因となっており、これ以上の化石燃料の消費は地球環境の面からも限界にきているからである(第6章「世界の破綻」)。
     書名ともなっている「水素エコノミー」とは聞き慣れない言葉である。リフキンによれば、水素エコノミーとは水素エネルギーに依存する経済のことであり、水素エネルギーは燃料電池によって電気エネルギーとして利用することができる。そして、水素は「宇宙..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。