科学技術の国際競争力--アメリカと日本 相克の半世紀

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数715
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    中山茂著『科学技術の国際競争力--アメリカと日本 相克の半世紀』
    2006年、朝日新聞社、296頁。
     本書は、半世紀にわたって、科学史家として日本とアメリカを行き来しながら活発な研究執筆活動を続けている著者が、日本とアメリカを互いの合わせ鏡とし、さらに著者自身の経験を織り込みながら、自由闊達に執筆した戦後科学技術史である。
     著者は、アメリカの大学史家・科学政策史家R・ガイガーの時代区分を借用して、第二次大戦後の科学技術を五つの時代に区分し特徴づけている。すなわち、第1期(1945~1957)非軍事化と冷戦、第2期(1957~1968)ポストスプートニクの未曾有の科学技術ブーム、第3期(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。