ポーリングの生涯

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数355
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ポーリングの生涯
    ーー科学研究と平和運動ーー
    成定 薫(広島大学総合科学部/科学史・科学論)
    ☆略年譜
    1901年 アメリカのオレゴン州ポートランドに生まれる。父は薬剤師。
     10年 父死去。
     17年 オレゴン農業大学(現在のオレゴン州立大学)に入学。
         アルバイトをして生活費・学費を賄いながら勉学に励む。
     22年 オレゴン農業大学卒業後、カリフォルニア工科大学(Cal Tec)大学院に入学。
         研究テーマは、X線回折を用いた結晶構造の分析。
     23年 エヴァ・ヘレン・ミラーと結婚。
     25年 化学で学位を取得後ヨーロッパへ留学。ミュンヘン(ゾンマーフェルト)、コペンハーゲン(ボーア)、チューリッヒ(シュレーディンガー)で、当時、形成されつつあった量子力学を創設者たちから直接学ぶ。留学の間、母死去。
     27年 Cal Tecに新設された理論化学の助教授に就任。以後、1964年までCal Tecを拠点に研究・教育に携わる。Cal Tecの化学科を化学研究のメッカに育て上げる。
     30年 正教授に昇進。
     31年 化学結合を量子力学を用いて解明した画期的な論文を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。