ネイチャーズ・エコノミー--エコロジー思想史

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数557
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    D・オースター『ネイチャーズ・エコノミー--エコロジー思想史』リブロポート、一九八九年、四八二 + X 頁。
    訳者あとがき
     本書の訳業に本格的に着手してから約六年になる。本書訳出のきっかけは、共訳者の一人である中山茂氏の論考「環境史の可能性」(『歴史と社会』創刊号、一九八二年)であった。この論考の発表を契機にして邦訳出版の話が具体化し、訳出には、中山氏の他、吉田忠氏と成定があたった。諸般の事情から、最終的な訳業の分担は、「はしがき」、「新版への序」、第一章、第二章の前半(五~五一頁)は中山氏、第十章、第十一章(二三五~二七一頁)は吉田氏、それ以外はすべて成定となった。なお、第二部訳出にあたっては、牛山輝代氏(国立音楽大学)が作られた訳稿を活用させていただいた。全体の八割以上を成定が担当したこと、最終段階で中山氏が長期の海外出張に出たりしたことなどから、訳文・訳語の整理も含めて訳業全体のとりまとめには成定があたった。
     今、訳語の整理と書いたが、この面倒な作業は翻訳にはつきものとはいえ、本書についてはこれが最初から最後まで頭痛の種であった。まず、書名ともなっているnature's economyあるいはeconomy of nature をどう訳すか? この言葉は、当然にも本書全体のキーワードなのだからあだや疎かにはできない。結局、邦訳書のタイトルとしては、カタカナ表記のままに残し、本文では「自然の経済」と訳した上で、要所要所でカタカナを添えた。また、もっとも苦労したのはnatural history という語であり、それとの関連でnatural historian およびnaturalistをどう訳すかであった。natural history には、伝統的に「博物学」という訳語があてられているが、博物学という語は古めかしいというか、黴臭いニュアンスがつきまとっている。これを避けるために、近年は「自然誌」ないし「自然史」という訳語があてられる場合が多い。他にも「博物誌」「博物史」などという語も考えられるし、じっさい用いられてもいる。natural historian およびnaturalistについては、それぞれの語に「者」ないし「家」をつけることになる・・博物学者、自然誌家といった具合である。訳業を進めていく過程で、どの語を採用すべきかをめぐって、訳者の間でしばしば論議を重ねたのだが、一向に名案が浮かばない。どの訳語にも微妙なニュアンスがあって、本訳書全体を一つの流儀で統一するのは無理があるように思えたからである。かといって何もかもカタカナで済ますというのは余りにも芸がない。そんな風に訳業が滞っているうちに、例えば荒俣宏氏の精力的な仕事を通じて、古めかしかったはずの博物学という語が新たな息吹を与えられ、一部では博物学ルネッサンスといった状況も見られるようになってきた。まことに言葉は生き物である。結局、一つのやり方で統一することは断念して、各部・各章の文脈でもっともふさわしいと思われる語をあて、要所要所でカタカナを添えることにした。その結果、例えば、第一部の主要な登場人物G・ホワイトには概ね「自然研究家」という語を、また第二部の主人公H・D・ソローにはもっぱら「ナチュラリスト」という表現をあてることにした。
     同じ事情はecology,ecologist についてもいえる。ecology,ecologist を機械的に「生態学」「生態学者」とすると、落ち着きのよくないところが多々ある。「エコロジー」なり「エコロジスト」としたほうがぴったりくる

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    D・オースター『ネイチャーズ・エコノミー--エコロジー思想史』リブロポート、一九八九年、四八二 + X 頁。
    訳者あとがき
     本書の訳業に本格的に着手してから約六年になる。本書訳出のきっかけは、共訳者の一人である中山茂氏の論考「環境史の可能性」(『歴史と社会』創刊号、一九八二年)であった。この論考の発表を契機にして邦訳出版の話が具体化し、訳出には、中山氏の他、吉田忠氏と成定があたった。諸般の事情から、最終的な訳業の分担は、「はしがき」、「新版への序」、第一章、第二章の前半(五~五一頁)は中山氏、第十章、第十一章(二三五~二七一頁)は吉田氏、それ以外はすべて成定となった。なお、第二部訳出にあたっては、牛山輝代氏(国立音楽大学)が作られた訳稿を活用させていただいた。全体の八割以上を成定が担当したこと、最終段階で中山氏が長期の海外出張に出たりしたことなどから、訳文・訳語の整理も含めて訳業全体のとりまとめには成定があたった。
     今、訳語の整理と書いたが、この面倒な作業は翻訳にはつきものとはいえ、本書についてはこれが最初から最後まで頭痛の種であった。まず、書名ともなっているnature's e..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。