コンピュータの神話学

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数499
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    T・ローザック『コンピュータの神話学』
    朝日新聞社出版局、一九八九年、三○九 + XX頁。
    訳者あとがき
     本書は、Theodore Roszak, The Cult of Information: The Folklore of Computers and the True Art of Thinking, New York: Pantheon Books, 1986, pp.xii + 238の全訳である。
     本書の著者ローザックは、文明批評家として、なかんずく、対抗文化(カウンター・カルチャー)という概念を引っ提げて、現代科学技術文明を根底的に批判した人物としてつとに知られている。ローザックを一躍著名にした代表作The Making of a Counter Culture: Rflections on the Technocratic Society and Its Youthfull Opposition, 1969はいち早く邦訳紹介されたし(稲見芳勝・風間禎三郎訳『対抗文化の思想--若者は何を創りだすか』ダイヤモンド社、一九七二年)、対抗文化の思想的・精神的系譜をたどるとともに、その現状と将来を概観・展望した野心的な著作Unfinished Animal: The Aquarian Frontier and the Evolution of Consciousness, 1975も邦訳されている(志村正雄訳『意識の進化と神秘主義--科学文明を越えて』紀伊國屋書店、一九七八年)。また、ローザックの編集にかかるThe Dissenting Academy, 1967も研究者・大学人に対するラディカルな批判の書として紹介されている(高橋徹解説・城戸朋子他訳『何のための学問』みすず書房、一九七四年)。さらに、雑誌『現代思想』の一九七五年七月号は、「反文明の思想は可能か」を特集し、ローザックのWhere the Wasteland Ends, 1972の一部を訳載している(高橋葉子訳「幻想の共和国」)。
     しかし、現時点でわが国におけるローザックの知名度はそれほど高くないし、その著作が広く読まれているとはいえない。じっさい、訳者(成定)は前記邦訳書『対抗文化の思想』--すでに絶版になっている--を入手するのにずいぶんてまどった。訳者が勤務している大学図書館をはじめ、いくつかの図書館をさがしたが見つからず、ようやく知人の勤務先の大学図書館から借り出すことができた。しかも、この本に添付された貸出表は、訳者が最初の読者であることを示していた。アメリカの事情はいざ知らず、すくなくともわが国では、対抗文化という言葉やその主唱者であるローザックの名前が、話題にのぼり論議の対象になることはめったになくなってしまったのである。
     ローザックの名前や対抗文化という言葉が、わが国の思想界・論壇でかつて有してしたほどのインパクトをもたなくなった背後には、科学技術をめぐる論調の劇的ともいえる変化がある。すなわち、一九八○年代になって声高に主張されるようになった「(科学)技術立国論」に象徴されるような科学技術の復権とともに、科学技術に対する正面きった批判は七○年代のような勢いを失い、それとともに、熱しやすく冷めやすいわが国の思想界・論壇は、ローザックも対抗文化も忘れさろうとしているのであろう(科学技術をめぐる論調の変化については、佐和隆光『文化としての技術--ソフト化社会の政治経済学』岩波書店、一九八七年、第三章「束の間の反技術」および第四章「技術の復権」を参照された

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    T・ローザック『コンピュータの神話学』
    朝日新聞社出版局、一九八九年、三○九 + XX頁。
    訳者あとがき
     本書は、Theodore Roszak, The Cult of Information: The Folklore of Computers and the True Art of Thinking, New York: Pantheon Books, 1986, pp.xii + 238の全訳である。
     本書の著者ローザックは、文明批評家として、なかんずく、対抗文化(カウンター・カルチャー)という概念を引っ提げて、現代科学技術文明を根底的に批判した人物としてつとに知られている。ローザックを一躍著名にした代表作The Making of a Counter Culture: Rflections on the Technocratic Society and Its Youthfull Opposition, 1969はいち早く邦訳紹介されたし(稲見芳勝・風間禎三郎訳『対抗文化の思想--若者は何を創りだすか』ダイヤモンド社、一九七二年)、対抗文化の思想的・精神的系譜をたどるとと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。