イギリスの大学--その歴史と生態

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,090
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    V・H・H・グリーン『イギリスの大学--その歴史と生態』
    法政大学出版局、1994年、xvii + 440 + 48頁。
    訳者あとがき
     本書はV.H.H. Green, The Universities(British Institutions Series), Pelican Books, 1969 の全訳である。原著名は単に『大学』であるが、邦訳タイトルは第Ⅰ部と第Ⅱ部の内容に則して『イギリス大学の歴史と生態』とした。また原著の各章は単にアステリスク(*)で区切られているだけだが、訳者の責任で各節にふさわしい見出しを付けた。
     本書の著者ヴィヴィアン・H・H・グリーンは、一九一五年、イングランド中部ミドルセックスに生まれ、ケンブリッジ大学トリニティ・ホールで歴史学を専攻した。オックスフォードおよびケンブリッジ両大学から神学博士の学位を授与され、また王立歴史学会のフェローにも選ばれている。いくつかの教職を経て、一九五一年にオックスフォード大学リンカン・カレッジのフェローとなり、さらに一九七一年から八三年まで同カレッジの副学寮長、八三年から八七年まで学寮長を務めた。一九八七年には同カレッジの名誉フェローに任ぜられ現在にいたっている。このような著者の経歴が、本書に「オックスフォード・ケンブリッジ中心史観」とでも言うべき色彩を帯びさせているのであろう。
     グリーンは、特に教会史と大学史に造詣が深く数多くの著書を著している。本書以外に『オックスフォード・コモン・ルーム』、『オックスフォード大学史』、『ケンブリッジ大学における宗教』、『リンカン・カレッジ共同体』、『ルネッサンスと宗教改革』、『マルティン・ルターと宗教改革』、『後期プランタジネット朝』、『ジョン・ウェズレー』『スイス・アルプス』等々がある。このように多作なグリーンではあるが、彼の著作が我が国に紹介されるのは今回が最初である。
     

     
     イギリスの大学は、中世におけるその誕生以来今日に至るまで、イギリス社会において常に重要な社会的役割を果たし続けてきた。イギリス大学の歴史についての理解は、イギリスの歴史・社会・文化を知るためには不可欠の事柄である。しかし、我が国におけるイギリス研究の伝統と蓄積にもかかわらず、イギリス大学の歴史についての研究はほとんど等閑視されてきたと言ってよい。我が国の読者が手にしうるイギリス大学を対象にした著作といえばH・ラシュドール『大学の起源(下)』(横尾壮英訳、東洋館出版社、一九六八年)、E・アシュビー『科学革命と大学』(島田雄次郎訳、中央公論社、一九六七年〔中公文庫、一九七七年〕)およびH・パーキン『イギリスの新大学』(新掘通也監訳、東大出版会、一九七○ 年)があるくらいである。しかし前者は、もっぱら十九世紀のイギリス大学の変容をテーマにしており、後者は書名から明らかなように、一九六○年代に設立された新大学のみを扱ったものであって、ともにイギリス大学全体とその歴史を通覧することはできないという限界がある。
     一方、イギリスにおける大学史研究の歴史は古く、その研究の厚みには瞠目すべきものがある。最近も『オックスフォード大学史(全七巻)』(The Histroy of the University of Oxford, O.U.P., 1983-)として長年の研究の成果が刊行され始め、すでに四巻が刊行されている(グリーンも数編の論考を寄せている)。さらに『ケンブリッジ大学史(全四巻)』(The Histroy of the University of C

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    V・H・H・グリーン『イギリスの大学--その歴史と生態』
    法政大学出版局、1994年、xvii + 440 + 48頁。
    訳者あとがき
     本書はV.H.H. Green, The Universities(British Institutions Series), Pelican Books, 1969 の全訳である。原著名は単に『大学』であるが、邦訳タイトルは第Ⅰ部と第Ⅱ部の内容に則して『イギリス大学の歴史と生態』とした。また原著の各章は単にアステリスク(*)で区切られているだけだが、訳者の責任で各節にふさわしい見出しを付けた。
     本書の著者ヴィヴィアン・H・H・グリーンは、一九一五年、イングランド中部ミドルセックスに生まれ、ケンブリッジ大学トリニティ・ホールで歴史学を専攻した。オックスフォードおよびケンブリッジ両大学から神学博士の学位を授与され、また王立歴史学会のフェローにも選ばれている。いくつかの教職を経て、一九五一年にオックスフォード大学リンカン・カレッジのフェローとなり、さらに一九七一年から八三年まで同カレッジの副学寮長、八三年から八七年まで学寮長を務めた。一九八七年には同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。