アカデミック・キャピタリズムとアカデミック・フリーダムの間

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数497
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アカデミック・キャピタリズムとアカデミック・フリーダムの間:大学教授職の再定義をめぐって
     2004年4月の国立大学の法人化は、我が国の大学の歴史にとって大きな転換点となるだろう。法人化を契機に、大学の理念、社会における大学の機能と役割などが、当初はそれほど明確ではないが、徐々に、そして決定的に変化していくものと考えられる。
     国立大学の法人化それ自体は我が国に固有の出来事だが、法人化を促した背景と考えられるニュー・パブリック・マネジメントの導入や アカデミック・キャピタリズム(大学資本主義) の浸透は、知識基盤社会の進展とともに多くの国々に共通してみられる現象である。当然にも、20世紀末から21世紀初頭にかけての大学をめぐる大きな状況変化の中で、教育、研究、管理運営の中心的な担い手としての大学教授職のあり方も、問い直さざるを得ない。
     以上のような状況認識に基づいて、研究セッション「大学教授職の再定義」というテーマが設定されたと言えよう。セッションでは、3人の報告者を得て、過去、現在、未来という時間軸に沿って大学教授職とは何かが論議された。
     望田幸男氏は「歴史からみる大学教授職--ドイツの20世紀」と題して、ドイツ大学の量的拡大とそれに伴う「大学内社会問題」の発生について、氏の長年の研究成果を踏まえて次のように論じた。
     ドイツの大学は、19世紀を通じて学術研究のメッカとしての位置を確立した。大学教授(正教授)は、教養市民層の中核として、社会的に圧倒的な権威を獲得し、経済的にも恵まれた。しかし、学生数の増大に対処するために正教授ではない教員スタッフ(非正教授)が増加するにつれて、これら非正教授は、威信においても収入においても正教授との間に大きな落差が生じ、これが「大学内社会問題」として20世紀初頭以来しばしば取りざたされてきた。 「大学内社会問題」は、なかなか解決の目途が立たなかったが、ようやく1970年代になって一定の解決をみた。少数の特権的な正教授による大学運営が、1960年代末~70年代の大学紛争の中で行き詰まり、大学運営の民主化が進められるとともに、大学教授職の機能分化と処遇の適性化が図られたからであった。筆者なりに理解すれば、「大学内社会問題」は、ドイツ大学がエリート段階的なシステムに固執する限り解決に至らず、マス段階に適したシステムを採用することによって終息したことになる。
     このような理解が許されるなら、加藤毅氏の「知識社会における大学教員」と題された報告は、マス段階からユニバーサル段階へと大学・高等教育が拡大するとともに、知識社会が進展しつつある状況の中で、大学教授職はいかなる存在とみなされ、どのような機能を担っているかを実証的なデータに基づいて明らかにしようとする試みである、と位置づけることができよう。
     加藤氏の報告によると、我が国の大学教員は、効率的に(もっと素朴な言い方だと「真面目に」)働いていないのではないかという社会一般の批判的な視線の中で、実際には長時間労働を強いられている。しかも、長時間労働の原因の一つがこの間の「大学改革」に伴って急増している会議や事務的な労働であるという皮肉な現実が加藤氏によって指摘された。
     大学教員は「象牙の塔」に立てこもって、 アカデミック・フリーダム を享受しているのではないか、との社会一般の昔ながらのイメージとは裏腹に、近年の大学教員は、会議と雑務に追われ、授業評価にさらされながら教育・学生指導に努め、研究に充てる時間を確保するのに汲々とせざるを得ないという状況に置

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    アカデミック・キャピタリズムとアカデミック・フリーダムの間:大学教授職の再定義をめぐって
     2004年4月の国立大学の法人化は、我が国の大学の歴史にとって大きな転換点となるだろう。法人化を契機に、大学の理念、社会における大学の機能と役割などが、当初はそれほど明確ではないが、徐々に、そして決定的に変化していくものと考えられる。
     国立大学の法人化それ自体は我が国に固有の出来事だが、法人化を促した背景と考えられるニュー・パブリック・マネジメントの導入や アカデミック・キャピタリズム(大学資本主義) の浸透は、知識基盤社会の進展とともに多くの国々に共通してみられる現象である。当然にも、20世紀末から21世紀初頭にかけての大学をめぐる大きな状況変化の中で、教育、研究、管理運営の中心的な担い手としての大学教授職のあり方も、問い直さざるを得ない。
     以上のような状況認識に基づいて、研究セッション「大学教授職の再定義」というテーマが設定されたと言えよう。セッションでは、3人の報告者を得て、過去、現在、未来という時間軸に沿って大学教授職とは何かが論議された。
     望田幸男氏は「歴史からみる大学教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。