2つの自然観:牧歌的自然観と帝国主義的自然観

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数806
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2つの自然観:牧歌的自然観と帝国主義的自然観
    1.科学者としてのゲーテ
     『ゲーテ全集 全一五巻』(潮出版社版)のうちの第一四巻は「自然科学論」と題されている(一九八○年刊)。そこには「科学方法論」から始まって、「形態学序説」、「植物学」、「動物学」、「地質学」、「気象学」、さらに「色彩論」などゲーテ(一七四九-一八三二年)の代表的な科学上の著作が収められており、本文だけでも二段組みで四六○頁を越えている。ドイツ文学の巨峰ゲーテは文学者であると同時に科学者でもあったのである。この事実は、もちろん多くの人の着目するところであって、ゲーテの自然科学をめぐって、すでに多くの研究がなされてきた(全集第一四巻の巻末には研究文献一覧が付されている)。また、我が国には「ゲーテ自然科学の集い」と称する研究グループがあってゲーテが創始した形態学(Morphologie) に因んで命名された『モルフォロギア』という機関誌を刊行している。
     しかし、一般にはゲーテといえば『ファウスト』や『若きヴェルターの悩み』などの作者、すなわち偉大な詩人・文学者としてのみ知られており、ゲーテが自然科学者でもあった、などと言うとおそらく奇異な感じを与えるに違いない。また、ゲーテが自然科学に関心をもっていたことが話題になったとしても、それは文学者にはあるまじき「逸脱」であるとみなされるか、せいぜいのところほほえましいエピソードとみなされる場合が多いのではあるまいか。そういうわけで、以前、東京で行われた「ゲーテ自然科学の集い」の会合にたまたま出席する機会をもった筆者は、このような会の存在それ自体やそこでの真剣で活発な討論に驚いたものであった。
     さて、ゲーテの自然科学がなぜ「逸脱」だとみなされるかと言えば、ゲーテがその『色彩論』において、『自然哲学の数学的原理』(一六八七年)によって近代科学の礎石を築いたあのニュートン(一六四二-一七二七年)の光学理論を攻撃対象にしているからである。近代科学のチャンピオンたるニュートンに楯突くとは何と無謀なことか、ゲーテは本来の文学に専念しておけばよかったのに、と言うわけである。しかし、ゲーテがニュートンを攻撃したのは、あるいはゲーテが科学研究に励んだのは、偉大な文学者の気まぐれに発するドンキホーテ的な行為だったのだろうか? もちろんそうではなかった。「事実ゲーテは、その執筆にほぼ二○年を費やした『色彩論』全三巻を、『ファウスト』を含む自分のあらゆる著作よりも重視していた」からである(高橋義人『形態と象徴--ゲーテと「緑の自然科学」』、岩波書店、一九八八年、四頁)。それでは、なぜゲーテは科学研究にかくも熱心に取り組み、ニュートンあるいはニュートンに象徴される近代科学の方法とその成果に攻撃を加えたのだろうか?
     
    2.近代科学と機械論:帝国主義的自然観
     ゲーテの生きた時代、十八世紀中葉から十九世紀初頭は、通常、啓蒙主義の時代と呼ばれているが、より正確に言うならば、自然に関する知識も含めてあらゆる知識から神学的身分を剥奪し、知識を世俗化した「聖俗革命」を通じて、十七世紀に登場した「機械論」が強力で普遍的な原理となった時代だと言うことができよう(村上陽一郎『近代科学と聖俗革命』、新曜社、一九七六年)。ここで言う「機械論」とは、デカルト哲学に代表される自然観であり、自然現象を運動する物質の現れとして捉え、結局のところ自然を精密な機械仕掛けとみる考え方であった。たとえば、時計のように、いかに複雑な機械であっても、その裏側・内部を点検してみれば個々の部品・要

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2つの自然観:牧歌的自然観と帝国主義的自然観
    1.科学者としてのゲーテ
     『ゲーテ全集 全一五巻』(潮出版社版)のうちの第一四巻は「自然科学論」と題されている(一九八○年刊)。そこには「科学方法論」から始まって、「形態学序説」、「植物学」、「動物学」、「地質学」、「気象学」、さらに「色彩論」などゲーテ(一七四九-一八三二年)の代表的な科学上の著作が収められており、本文だけでも二段組みで四六○頁を越えている。ドイツ文学の巨峰ゲーテは文学者であると同時に科学者でもあったのである。この事実は、もちろん多くの人の着目するところであって、ゲーテの自然科学をめぐって、すでに多くの研究がなされてきた(全集第一四巻の巻末には研究文献一覧が付されている)。また、我が国には「ゲーテ自然科学の集い」と称する研究グループがあってゲーテが創始した形態学(Morphologie) に因んで命名された『モルフォロギア』という機関誌を刊行している。
     しかし、一般にはゲーテといえば『ファウスト』や『若きヴェルターの悩み』などの作者、すなわち偉大な詩人・文学者としてのみ知られており、ゲーテが自然科学者でもあった、など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。