『科学革命の構造』との出会い

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数768
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『科学革命の構造』との出会い
    一 自分史の中の『科学革命の構造』
     個人的な回想から始めたい。  指折り数えてみると、筆者がT・クーンの『科学革命の構造』 (1) を読んだ のは今から四半世紀も前になる。その頃、筆者は、国立大学の工学部で実験研究に携わっていた。 研究テーマは、放射化学radiochemistryという専門分野の中のトピック「放射壊変に伴う原子・分子 のイオン化」であった。すなわち、原子核の内部から、例えばβ線(電子)が放出された場合(放射 壊変)、ショックでその原子核を含んでいる原子・分子の外殻電子が多数放出され、原子・分子がイ オン化されるという現象を実験的に検証しようというのであった。  1価ないし2価のイオン(外殻電子が1個あるいは2個なくなった状態)というのは通常の物理化 学的反応でもみられるのだが、放射壊変に伴って多価イオンが生成される点が特に興味深かったので ある。市販の質量分析計という分析・測定装置を改良して測定に供していた。イオン化された原子・ 分子を電気的に加速した上で、磁気的に弁別し、イオン価数毎に発生頻度をカウントするわけである 。工学的応用可能性の小さい、むしろ基礎科学的なテーマであった。実験材料として放射性物質を取 り扱う関係から頻繁に実験はできないので、文献研究とディスカッションが中心の自由な雰囲気の研 究チームだった。筆者は研究チームの中で周辺的な位置にいたこともあって、時間的にも余裕があっ た。そんな中で『科学革命の構造』に出会ったのである。  当時、科学史や科学論に関しては全くの独学だった筆者がどのような経緯なりきっかけで『科学革 命の構造』を手にすることになったのか今となっては思い出すすべもない。しかし、この書物を一読 して、科学者が研究室でやっていることは「パラダイムに基づく通常科学だ」というクーンの主張が心 底から納得できた。「目から鱗が落ちる」とはこのような経験を言うのだろう。筆者は「科学とは何 か」に関してそれまで読んできた書物に感じていた隔靴掻痒の思いをようやく晴らすことができたの である。さらに言えば、書物で論ぜられている科学研究/科学者と自身が間近に見、体験しているそ れらとの間のギャップを埋めることができたのである。  というのも、放射壊変に伴う多価イオン化に関しては、アメリカで画期的な先行研究が存在してお り(すなわち「パラダイム」)、この研究に関心をもった教授の指示のもとに助手をリーダーとする 数名の研究チームが編成されて右のような研究が行われていたのである。筆者は、たまたまこのチー ムに加わったのであった。先行研究と全く同じ研究をするのは「業績」として評価されないから無意 味だが、放射性物質の種類を変えれば立派な研究となる(すなわち「通常科学」)。パラダイム=見 本例があるといっても、公表された論文だけを手がかりにして、実験装置を組み立て、微量の放射性 物質から生成しているはずの極微量のイオンを収集・加速・弁別して測定するのは非常に困難な作業 であったが、その困難さへの挑戦が同時に研究の醍醐味でもあった--多くのパズルがしばしば人を 夢中にさせるように。「通常科学はパズル解きである」とのクーンの分析に目から鱗が落ちる思いを した、と述べた所以である。  このような『科学革命の構造』との出会いが大きな転機となって、筆者は科学研究の現場から離れ て、科学についての研究、すなわちメタ科学=科学論の世界へと向かうことになった。
    二 『科学革命の構造』と科学社会学
     当然のこと

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『科学革命の構造』との出会い
    一 自分史の中の『科学革命の構造』
     個人的な回想から始めたい。  指折り数えてみると、筆者がT・クーンの『科学革命の構造』 (1) を読んだ のは今から四半世紀も前になる。その頃、筆者は、国立大学の工学部で実験研究に携わっていた。 研究テーマは、放射化学radiochemistryという専門分野の中のトピック「放射壊変に伴う原子・分子 のイオン化」であった。すなわち、原子核の内部から、例えばβ線(電子)が放出された場合(放射 壊変)、ショックでその原子核を含んでいる原子・分子の外殻電子が多数放出され、原子・分子がイ オン化されるという現象を実験的に検証しようというのであった。  1価ないし2価のイオン(外殻電子が1個あるいは2個なくなった状態)というのは通常の物理化 学的反応でもみられるのだが、放射壊変に伴って多価イオンが生成される点が特に興味深かったので ある。市販の質量分析計という分析・測定装置を改良して測定に供していた。イオン化された原子・ 分子を電気的に加速した上で、磁気的に弁別し、イオン価数毎に発生頻度をカウントするわけである 。工学的応用可..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。