1-13シュレーディンガーの猫

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数428
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    シュレーディンガーの猫
    なぜ観測が意志と関係あるというのか?
    観測とは何だろう
     量子力学によれば、測定値は確率によって決まるのだと言う。 この考えに何か不都合があるだろうか。 慣れてしまえば大して奇妙でもない。
     測定するまでは幾つかの可能性が同時に存在していて、測定をした瞬間に状態がその中の唯一つに固定するというわけだ。 観測するという行為が状態を定めると言ってもよい。
     状態は測定する以前から定まっているのだが観測するまで知りようがない、というのとは根本的に違う。 確率でしか分からないというのは我々の無知によるのではない。
     その事実は2重スリットの実験にも現れている。 異なる可能性を表す確率の波はお互いに干渉して、確かに測定結果に影響を与えているのである。 観測されるまでは、あらゆる可能性は実在していたかのようだ。
     では観測とは一体何だろう。 観測という行為の一体何が、測定結果を唯一つに定めるのだろう。
     何かを知るためには対象に触れなくてはならない。 「触れる」とは何だろうか。 ミクロの世界では全てのものが小さいために、普通に経験しているような「触る」という行為ができない。 我々の指先でさえ、細かい粒で出来ている。 その粒の一つが対象にぶつかり、跳ね返ったものを別の粒が受け止めて、それを繰り返して力が伝わって行く。
     結局、観測とは、対象に何かをぶつけて、跳ね返ってきたものを分析することで対象を知るという事らしい。 何らかの方法で対象に働きかけなくては、それを知ることは出来ない。
     ものをぶつけるだなんて乱暴なことをしなくても、ただありのままを「見る」だけでも観測はできると思うのが日常の感覚だ。 しかし見るためには光が必要だ。 「見る」という行為は、対象にぶつかって跳ね返ってくる光を調べているのである。 対象から何も飛んでこなければ見ることすら出来ない。
     「触れ」もせず、「見」もせず、ただ静かに目を閉じて瞑想していれば、やがて対象を全身で「感じる」かも知れない。 そんな感覚があると信じている人は意外に多いものだ。 相手から何も発せられないのにどうやって感じるのだろう。 何を感じたというのだろう。 私もそんな能力が欲しいが、論理的には受け入れ難い。 
     物理学者は瞑想する以外の方法で、対象の在りのままの姿を把握することができる。 対象が持つありとあらゆる可能性こそ、対象の在りのままの姿だ。 そこまではシュレーディンガー方程式で解ける。 分からない問題は、対象に触れてしまった時、何が状態を収縮させるのか、という点だ。
    意志が関係するのか
     状態が定まるのは、ものをぶつけた瞬間だろうか? そうではない。 ぶつけたものが跳ね返ってくるのを観測するまでは、その跳ね返って来たものさえ量子力学の観測対象である。 それが対象にぶつかったのか、ぶつからなかったのか? どんなぶつかり方をしたのか? 対象についてのどんな情報を持ってたどり着くのかさえ、確率としてしか分からないのである。
     今度はそれを「観測」しなくてはならない。 そのようにして、状態は確定しないまま、他の粒子へ、他の粒子へと連鎖し、引き継がれる。
     すると状態は一体どの時点で定まるというのだろうか。 光が目の中に飛び込んだ時点だろうか? 飛び込まなかった可能性もある。 光が視覚細胞を刺激した時点だろうか? 同じ光が的外れの方向へ向かっている可能性もある。 その信号が神経に伝わった時点だろうか? それも確率の一つでしかない。
     こう考えていくとやがては、我々が「観測

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    シュレーディンガーの猫
    なぜ観測が意志と関係あるというのか?
    観測とは何だろう
     量子力学によれば、測定値は確率によって決まるのだと言う。 この考えに何か不都合があるだろうか。 慣れてしまえば大して奇妙でもない。
     測定するまでは幾つかの可能性が同時に存在していて、測定をした瞬間に状態がその中の唯一つに固定するというわけだ。 観測するという行為が状態を定めると言ってもよい。
     状態は測定する以前から定まっているのだが観測するまで知りようがない、というのとは根本的に違う。 確率でしか分からないというのは我々の無知によるのではない。
     その事実は2重スリットの実験にも現れている。 異なる可能性を表す確率の波はお互いに干渉して、確かに測定結果に影響を与えているのである。 観測されるまでは、あらゆる可能性は実在していたかのようだ。
     では観測とは一体何だろう。 観測という行為の一体何が、測定結果を唯一つに定めるのだろう。
     何かを知るためには対象に触れなくてはならない。 「触れる」とは何だろうか。 ミクロの世界では全てのものが小さいために、普通に経験しているような「触る」という行為が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。