1-9確率流密度

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数1,142
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    確率流密度
    豆知識。 あとで役に立つ。
    何に使うのか
     今回の話は書くつもりは全くなかったのだが、第4部の「相対論的量子力学」を書いている途中で予備知識として必要を感じたのでここに入れることにした。 多くの教科書でこの話が出てくるが、私はこれまでそれが一体何の役に立つのか理解できず、邪魔な話だなぁ、と読み飛ばしていただけだった。
     しかし、知っておいて無駄な話ではない。 いや、難しい話ではないので、知らなければ当然知っておくべきだ。
    存在確率の時間微分
     波動関数の絶対値の2乗は粒子の存在確率の密度を表していて、それをある範囲で積分することで存在確率が導かれるのだった。 積分範囲として、考えられる全空間を設定すると当然その値が1にならなければおかしい。
     当たり前のことだが、この値は時間とともに変化されると困る。 この式の左辺が本当に変化しないのかどうか、あるいはどのような条件で常にこの関係が成り立っているのかを確かめておきたい。 時間微分して0になることが言えればいいのである。 途中まで計算してみよう。
     ああ、すぐに行き詰まる。 この先はどうすればいいかと言うと、シュレーディ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。