1-1光は波なのに粒々(つぶつぶ)だった!?

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数559
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    光は波なのに、粒々(つぶつぶ)だった!?
    光は運動量とエネルギーをもつ「粒子」である。
    光は電磁波だ!
     電磁気学はマックスウェルの方程式と呼ばれる4つの方程式の組にまとめることが出来る。 この4つを組み合わせると波動方程式と呼ばれる形になるのだが、これを解けば波の形の解が得られる。 その波(電磁波)の速さが光の速さと同じであった事から光の正体は電磁波であるという強い証拠とされた。
     と、この程度の解説しか書いてない本が多いのだが、速度が同じだというだけで同じものだと言い切ってしまったのであれば結論を急ぎすぎている。 この辺りは私も勉強不足で、小学校の頃からそうなのだと聞かされて当たり前に思っていたので鵜呑みにしてしまっていた。
     しかし少し考えればこれ以外にも証拠はいくらでもあって、電磁波と同様光が横波であることや、物質を熱した時に出てくる放射(赤外線や可視光線、紫外線)、高エネルギーの電子を物質にぶつけた時に発生するエックス線などの発生原理が電磁波として説明できることから光が電磁波だと結論できるのである。(この辺りの事については後で電磁気学のページを開いた時にでも詳しく説明するこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。