なぜアインシュタインだったのか

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数424
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    なぜアインシュタインだったのか?
    相対論は当時すでに常識だった?
    疑問
     最近このページの記事を書くために、相対論が成立した前後の科学史を学ぶことになったのだが、どうにもよく分からないことがある。 それは、なぜアインシュタインだったのか、ということである。 実は彼以前にも同じ事を主張していた人物はいたのである。  資料によって年代が違うので良く分からないが、ローレンツは相対論が発表される一年前の1904年にローレンツ変換式を発表している。  フィッツジェラルドも1889年に(1892年説もあり)同じ結論に達していたという話もあるがこれは「短縮」についてだけかもしれない。 短縮だけなら、ローレンツも1895年に(1892年説もあり)気付いているし、さらに以前に1887年(実験の年)にフォークトもこのことに気付いているようである。  ポアンカレについては1899年に(98年というものもあり)すでに「相対性原理」という言葉を作り、光速度が一定であることを原理とする新しい力学の必要性を説いている。 これは相対論そのものではないか。  それなのに、なぜアインシュタインだけが「天才」なのだろうか?..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。