1-4同時であるとはどういうことか

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数256
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    同時であるとはどういうことか
    時刻合わせも光が基準だ。
    遠くの時計の時間合わせ
     どんな速度で運動している人から見ても光の速度が変わらないという非常識な事を認めるならば、今まで普通に使っていた「同時」という概念は大きく変更を迫られることになる。 しかし、アインシュタインの主張は、「同時」という今まで私たちが何も考えないで使っていた概念の方が間違っていたのであって、この際、光を基準にして、同時に関する概念を見直すべきではないのか、というものである。
     アインシュタインはこう考える。 A地点で静止している自分の時計と、遠くのB地点でやはり静止している友人の時計が合っているかどうかを確かめたい。 そのためにはこうすればいい。 0時にA地点からB地点に向かって光を発射する。 B地点ではAから来た光を受けたらAに向かってすぐに反射させる。 光は10時にA地点に返ってきたとしよう。 B地点にいた人が、光が来たのは5時だった、と言えば二つの時計は合っていることになる。 もしずれていたらその分だけ直してもらえばいい。
     このような調子で、お互いに静止しているあらゆる地点の時計を「同時刻」に合わせる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。