3-6正準変換

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数1,787
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    正準変換
    座標変換の一般化。
    ここまでが基礎だ
     これから正準変換の説明を始めることにしよう。  本当は第1部の「基礎の基礎」の中の仕上げとして入れるつもりだったのだが、これを理解するための自然な流れとして変分原理を知っておくのが良いと思い、このような順序で説明することになった。 よって、私の見方で行けば、ここまでが解析力学の「基礎」である。 まぁ、このサイト全体が基礎レベルなのでようやく「基礎の基礎」ってとこだ。
     しかし偉そうなことは言うまい。 私が学生の頃にはここまで理解できていなかった。 しかも、そこらの難しい書き方をしている教科書には未だに手が出せないでいる。  ああ、なんとレベルの低い情けない話だろう。 もっともっと上があるのだ。 まぁ、そんな事が言えるくらいのところまで来れたことは素直に喜ぶべきだろうか。
    正準変換とは何か?
     ラグランジュ方程式は座標変換に対して不変であった。 そしてハミルトンの正準方程式もそうである。 ところで、ハミルトン形式では座標と運動量は対等な立場の変数として論じられるのであった。 それであるのに「座標変換」しかないのはどういうわけだ、不自然じゃないか、というのである。 全く無茶なことを言ってくれる。 しかし、学問というのは一見無茶に見える要求に何とか応えようとして発展してきたものであるようだ。
     この辺りの事情をもう少し詳しく話そう。 座標変換によって座標 q が新しい座標 Q で書き表されるとする。 この時、 q と Q の間には1対1の対応が成り立っていなくてはならない。 つまり Q は qi の関数として表される。
    q → Q( q1, q2, .... q3N )
     一方、座標が変換されれば、当然それに応じて運動量も変換を受けることになるだろう。 しかし、新しい運動量は元の運動量の関数にもなっているはずだ。
    p → P( q1, q2, .... q3N, p1, p2, .... p3N )
     新座標は旧座標だけの関数なのに、新運動量は旧座標と旧運動量の関数になっている。 この辺りのアンバランスが気に入らないのである。  いっそのこと、新座標も旧運動量によって決まるような一般的な変換を考えてはどうだろうということになる。
    q → P( q1, q2, .... q3N, p1, p2, .... p3N ) p → Q( q1, q2, .... q3N, p1, p2, .... p3N )
     こうすれば座標と運動量は本当に対等の立場に立てることになるではないか。 もうメチャクチャである。 座標が運動量で決まるなんて、相対性理論を思い浮かべるような話だ。 実は相対性理論というのは解析力学をお手本にしたふしがあるのだが。
     このような形のあらゆる変換を認めてしまえば、せっかくの正準形式の理論が使えなくなってしまう可能性が出てくる。 そこで一つだけ次のような条件を課することにしよう。
    「変換してもハミルトンの正準方程式の形式が成り立つこと」
     そのような変換を「正準変換」と呼ぶことにする。
     この定義によれば、全ての「座標変換」は正準変換の一部として含まれることになる。 つまりこれからやろうとしているのは、「座標変換」をもっと広い意味を持つ「正準変換」に拡張するという作業なのである。
    変分原理の応用
     ( p, q ) 系を ( P, Q ) 系に変換してもハミルトンの正準方程式が成り立つということは、変換後の新しいハミルトニアンを K として、
    が成り立つということであ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    正準変換
    座標変換の一般化。
    ここまでが基礎だ
     これから正準変換の説明を始めることにしよう。  本当は第1部の「基礎の基礎」の中の仕上げとして入れるつもりだったのだが、これを理解するための自然な流れとして変分原理を知っておくのが良いと思い、このような順序で説明することになった。 よって、私の見方で行けば、ここまでが解析力学の「基礎」である。 まぁ、このサイト全体が基礎レベルなのでようやく「基礎の基礎」ってとこだ。
     しかし偉そうなことは言うまい。 私が学生の頃にはここまで理解できていなかった。 しかも、そこらの難しい書き方をしている教科書には未だに手が出せないでいる。  ああ、なんとレベルの低い情けない話だろう。 もっともっと上があるのだ。 まぁ、そんな事が言えるくらいのところまで来れたことは素直に喜ぶべきだろうか。
    正準変換とは何か?
     ラグランジュ方程式は座標変換に対して不変であった。 そしてハミルトンの正準方程式もそうである。 ところで、ハミルトン形式では座標と運動量は対等な立場の変数として論じられるのであった。 それであるのに「座標変換」しかないのはどういうわけだ、不自然じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。