単位系改造計画

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数784
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    単位系改造計画
    これからは「コスモ単位系」を使いましょう。(笑)
    面倒くさい物理定数を全て1にするような単位系を導入しよう
     物理には色々な定数が出てきて計算が面倒だと思ったことはないだろうか? 多分、あると思うのだ。 いっそのこと「メートル」や「キログラム」「秒」などの単位を使うのをやめて、代表的な物理定数を全て1にするような単位系を取ることは出来ないだろうか。
     実際それは可能である。 素粒子論の理論計算では、簡単のためによく光速度やプランク定数を1と置いた単位系を使う。 具体的な数字を入れて計算するときには、単位の次元が合うようにそれらの定数を入れ直して使うのである。 しかし普段の生活からそれらの定数が1となるような単位を使って慣れ親しんでいればそのような手間も省けるのではないだろうか?
     しかし少し考えてみれば分かることだが、とても実用的ではない。 真っ先にそのことに気付いて面倒くさくなって途中で考えるのをやめた人もいることであろう。 あるいは、どう考えたらいいのか分からないという人もいると思う。  ここではそういう人たちに代わって、そういう単位系が実際どういうものになるかについて考えてみることにしよう。
    現在使っている単位系の根拠は?
     計算に入る前に、我々が現在使っている単位系について考えてみたい。我々が慣れ親しんでいる単位「メートル」「キログラム」「秒」には一体どのような根拠があると言うのだろうか?
     今でこそ光の速さを基準に 「光が真空中を299792458分の1秒の間に進む距離を1mとする」 と定義されてはいるものの、この「299792458分の1秒」というのは特に根拠がないのであって、それ以前にあった1メートルの定義に合うように定められただけのことである。(こうやって1mを定義してあるから、光の速さが2.99792458*10^8m/sになるのは当然なのだなぁ)それで、もともとの1メートルの定義と言えば、 「地球の子午線の4000万分の1を1メートルとする」 というものである。 つまり、地球の赤道からまっすぐ北極までの道のりを1万キロメートルと決めたいがためにそうしたのである。
     また、時間について言えば、今でこそセシウム原子から出る光の周期を使って定義されているが、これも我々の日常に合うように基準を調整しただけであって、元の意味は、地球が1回自転する時間を24で割り、さらに60で割り、もう一度60で割った時間を1秒としているだけである。
     重さについても、国際キログラム原器なんてものがあるらしいが、元はといえば、1リットルの水の重さである。
     こういう宇宙の片田舎にある惑星の大きさなどを基準にした単位を使っているのでは、王様のひじから指先までの長さを1キュビトとして使っていた古代エジプトとやっていることは大差ない。
     これからは宇宙時代なのだから、全宇宙共通の尺度をもって長さ、重さ、時間の単位を決めようではないか。 独自の文化を見直すべき時代、とか言われたら元も子もないが。
    新しい単位
     さて、新しい単位の名称を決める必要がある。 混乱がないように今までと全く違う名称を導入するといいのだが憶えにくいという欠点がある。 本格導入が決定したのならともかく、読者は、こんな一時的な記事のためにわざわざファンタジー小説に出てくるような聞き慣れない単位の名称を憶えるのも嫌だろう。
     そこで妙案があるのだが、松本零士先生の作品「銀河鉄道999」で機関車の推力の設定に使われていた単位「コスモ馬力」(なんじゃそりゃ?)に倣って、 「

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    単位系改造計画
    これからは「コスモ単位系」を使いましょう。(笑)
    面倒くさい物理定数を全て1にするような単位系を導入しよう
     物理には色々な定数が出てきて計算が面倒だと思ったことはないだろうか? 多分、あると思うのだ。 いっそのこと「メートル」や「キログラム」「秒」などの単位を使うのをやめて、代表的な物理定数を全て1にするような単位系を取ることは出来ないだろうか。
     実際それは可能である。 素粒子論の理論計算では、簡単のためによく光速度やプランク定数を1と置いた単位系を使う。 具体的な数字を入れて計算するときには、単位の次元が合うようにそれらの定数を入れ直して使うのである。 しかし普段の生活からそれらの定数が1となるような単位を使って慣れ親しんでいればそのような手間も省けるのではないだろうか?
     しかし少し考えてみれば分かることだが、とても実用的ではない。 真っ先にそのことに気付いて面倒くさくなって途中で考えるのをやめた人もいることであろう。 あるいは、どう考えたらいいのか分からないという人もいると思う。  ここではそういう人たちに代わって、そういう単位系が実際どういうものになるかにつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。