実在の哲学

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数881
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    実在の哲学
    よく来てくれた。
    君のような若者が来るのを待っていたよ。
     なるべく簡単に説明するというのが私の方針であるが、ここでは、皆さんを混乱させる議論をしてしまうかも知れない。  力学は「どう動くのか」ということをまとめた学問であるが、「なぜ動くのか」ということについては何も説明していない。 私はそれを知りたいのだ・・・・・。
     この世に力なんて物はホントにあるのだろうか?
     力というのは、結局、運動量を変化させる現象を見て、「力が働いていると考えよう」として決めた概念である。 力というものを取り出して君に見せることは出来ない。  「見えなくても確かにある」と言うかも知れない。それを感じることは出来るから。それは否定しない。  しかし、それをなぜ感じるかと言えば、もっと深い理由がある。
     例えば、風は実在するだろうか? 君は風を肌に感じることが出来る。 しかし、風の正体は空気である。「風」が「在る」のではなくて、空気が移動している現象を「風」と名付けたのである。「風」は結果である。
     人間は実在しないものに、ある名前を付けて、あたかもそれが存在するかのように議論することができる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。