3-1てこの原理を考える

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,037
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    てこの原理を考える
    原理と呼ぶほど原理じゃない
    てこの原理
     我々はシーソーや天秤はかりなどで、支点から離れたところに力をかけるほど物体を回転させるのに有利になることを知っている。 また、二人でバットの回し合いをするときにバットの太いところを握る方が細いところを握るより有利になるのは同じ原理である。 ドライバーの柄の部分が太くなっているのはこれを応用したものである。
     このように、回そうとする中心点(それは支点と呼ばれることもあるが)からの半径が大きいほど、効率よく物体を回転させることが出来るのである。
     我々はこれらのことをよく「てこの原理によって・・・」と一言で片付けているが、よくよく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。