1-3運動方程式

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数470
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    運動方程式
     初めの話では加速度を a と表して F = m a という式を導いたが、大学ではこの式を微分を使って、
    と表すのが普通である。 これを「ニュートンの運動方程式」と呼ぶ。 この書き方の方が深い意味を含んでいて状況を正しく記述できる。 一度これに慣れたらもう戻れないほど便利なのだ。 力学が誕生したニュートンの時代からこの方法は存在する。 微分というのはニュートンやライプニッツなどが力学を正確に書き表すために独自に編み出した方法だからである。
     この先まだしばらくは微分の知識を必要とすることはないが、物理では非常によく使う大切な概念なのでここでごく簡単に説明しておこう。 少しずつ慣れておいた方がいい。
    微分の考え方
     まず、速さとは何であろうか。 簡単に言えば物体が動いた距離をそれに掛かった時間で割ったものである。 しかし長い距離を移動する間、ずっと同じ速さだとは限らない。 速さは変化するのが普通である。 すると「今の速さ」は幾つだ?ということが気になり始める。 しかしどう考えたらいいのだろう。 「今この瞬間の速さ」と言われても、ある瞬間には物体はただそこにあるだけであって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。