1-1力とは何か

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数634
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    力とは何か?
     力学は、簡単だ。 要は、止まっている物体はいつまでも止まっている。 動いている物体は、摩擦などがなければいつまでも同じ速度で動いている。 これが慣性の法則。
     止まっている物体は力を与えられると動く。 動いている物体は、力を与えられると速さを変える。 うまく行けば止まることもある。 私たちの身の周りには「摩擦」があるので物体が止まるのは日常茶飯事だが、 もし摩擦がなければ物を止めるのは非常に難しい作業なのである。
     次に、力とは何かということだが、これを深く突き詰めれば哲学的になる。 ( 哲学のページへ 。 後で読んでね。)
     物理なんて、視点を変えればいくらでも別の議論ができるものだ。 現に私はこれから普通の教科書とは違うアプローチを取ろうとしている。 科学的な議論には定義が大切だ。 違う土台に立って話し合うと混乱が生れる。 時々その土台をコロコロと変えて議論する人がいるが、そういう人の議論は怪しい。 疑ってかかった方がいい。
     ここでは、「物体が運動を変化させる時、そこには力が働いている」と考えることにしよう。 「物体の運動を変化させるもの」それが力だ。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。