第100回薬剤師国家試験171問 解説

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数312
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『AUC』の基本公式について

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 100 回薬剤師国家試験 問題 171
    1
    さて、今回は今までにない AUC という大切なキーワードについて学んでいこ
    う。日本語訳は、血中濃度時間曲線下面積・・・やたら長いな。
    まずはこの AUC という言葉の定義から確認していこう。『定義』、と言われた
    ら、これはもう考えることではなく、『そう決めました』ということだから丸暗
    記するしか無いよ。
    といっても、そんなに難しい定義じゃない。今まで学んできた血中濃度のグ
    ラフの面積を AUC と決めただけのことなんだ。
    薬物 A をヒトに 60mg 経口投与した後の血中濃度時間曲線下面積(AUC)が 600ng ・
    hr/mL であった。薬物 A を 8 時間毎に経口投与し、定常状態における平均血中濃度を
    150ng/mL にしたい。投与量(mg)として、最も適切なのはどれか。1 つ選べ。ただし、
    薬物 A の体内動態は、線形 1-コンパートメントモデルに従うものとする。
    1 30 2 60 3 90 4 120 5 150
    1.急速静注・単回投与 2.経口・単回投与
    3.定速静注(点滴)
    Css
    4.急速静注・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。