第97回薬剤師国家試験172問 解説

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数1,069
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『定速静注』の最低限と『分布容積』の基本理解

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 97 回薬剤師国家試験 問題 172
    1
    問題文中のグラフはなぜか急速静注・単回投与のものだけど、聞かれている
    内容は定速静注(点滴)の話だね。とりあえず、定速静注について最低限の知
    識を頭に入れておこうね。
    定速静注(点滴)の最低限
    ある薬物 100mg をヒトに静脈内投与したところ、下の片対数グラフに示す血中濃度推移が
    得られた。この薬物を 50mg/hr の速度で定則静注するとき、投与開始 2 時間後の血中薬物
    濃度(μg/mL)に最も近い値はどれか。1 つ選べ。
    1 1.8 2 3.6 3 7.2 4 14.4 5 28.8
    Css
    濃度 C
    時間 t
    k0 kel
    体内
    k0:定速静注速度
    kel:消失速度定数
    Vd:分布容積
    C:血中濃度
    t :時間
    第 97 回薬剤師国家試験 問題 172
    2
    今、50mg/hr で点滴するって言ってるから、k0=50mg/hr でいいね。
    点滴を開始すれば血中濃度は少しずつ上昇していくが、2 時間後(すなわち
    t=2hr)で、血中濃度はどれくらいですか、と聞いているんだね。
    よって実際に点滴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。