第99回薬剤師国家試験46問 解説

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数534
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『半減期』の理解と一般化

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 99 回薬剤師国家試験 問題 46
    1
    半減期とは、ある値が『半分になる時間』のことだった。今回の問題のよう
    に“血中濃度”が半分になる時も使うし、放射性物質の壊変でも半減期という
    言葉を使ったね。
    ところで、急速静注・単回投与の血中濃度のグラフは次のようだった。
    これはもはや常識と思って覚えて欲しい、グラフも式もすぐに頭から呼び出
    せるようにしておこうね。
    では、このグラフを見ながらもう少し半減期について具体的なイメージがで
    きるようにするよ。
    体内動態が線形 1-コンパートメントモデルに従う薬物 800mg をヒトに単回静脈投与した
    ところ、投与直後の血中濃度は 40μg/mL、投与 6 時間後の血中濃度は 5μg/mLであった。
    この薬物の消失半減期(h)に最も近いのはどれか。1 つ選べ。
    1. 0.5h 2. 1h 3. 2h 4. 3h 5. 4h
    C0
    C

    C0
    C0
    1
    2
    1
    4
    5hr
    縦軸 C・・・血中濃度
    横軸 t・・・時間
    C0・・・初濃度
    Kel・・・消失速度定数
    グラフの式・・・

    急速静注・単回投..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。