第99回薬剤師国家試験168問 解説

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数598
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ:『Langmuir』の式

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 99 回薬剤師国家試験 問題 168
    1
    問題の解説の前に、まずは血液についての話をしよう。
    血液というのは何から出来ているんだっけ?みんなは未来の薬剤師だから、
    少し詳しく覚えておこうね。
    まず、血液は血球成分と血漿成分に別れるのだったよ。
    そして血球成分は以下の 3 つ
    ⇒ 赤血球・白血球・血小板
    血漿成分とは要するにサラサラした液体成分の
    ことで、この中に今回のテーマ、『血漿タンパク質』
    が含まれていることをしっかりと覚えておこう。
    さて、この血漿成分のうち、血漿タンパク質ってどれくらい入ってるんだろ
    う?実はこの血漿成分ってやつはほとんどが水分で、血漿タンパク質はたった
    の 8%しかないんだ。
    下図は、薬物と血漿タンパク質との結合実験の結果から得られた両逆数プロットである。
    この薬物の血漿タンパク質に対する結合定数 K((μmol/L)-1) として最も近い値はどれか。
    ただし、図中の r は血漿タンパク質 1 分子あたりに結合している薬物の分子数を、
    [Df](μmol/L) は非結合型薬物濃度を示す。
    1. 25 2. 50 3. 100 4...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。