官僚制の病理と逆機能について(行政学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,408
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     国家や地方公共団体を運営していくにあたって官僚制の存在は欠かせない。しかし、不可欠な一方で、官僚制ならではの病理や逆機能といったものも見られる。アメリカの社会学者マートンによれば、官僚制の組織の中において必要不可欠な原理として採用されている諸原則を職員の一人ひとりが自己のうちに内面化して身につけるようになると、それに基づいた心構えや態度がTPOをわきまえることなく表出してしまうという。ここから病理や逆機能が生まれてしまうのである。以下、ウェーバーの挙げた官僚制の原則に沿っていきながら詳しく検討していきたい。
    ウェーバーの説明する官僚制の原則の一つに「規則による規律の原則」が存在する。つまり、人間の恣意的な支配によってではなく客観的な規則によって官僚制組織が運営されるべきといったものである。だが、この原則を組織の職員が絶対的なものとして考えるようになると、本来目的を果たす手段としての規則が、その範囲を超えて規則を守ること自体が目的であるかのようにズレが起こってしまう。これが規則万能主義である。たとえば、客観的な規則が過度に重要視され、緻密なまでに規則が定められていった結果、申請等の際に..

    コメント1件

    Waka at BASE 販売
    平成21・22年度対応です。「合格」レポートですので参考にして下さい。
    2009/05/15 23:30 (7年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。