オンブズマン制度の基本的性格について(行政学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数510
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     オンブズマン制度とは、市民と行政との間に立ち、調停者や市民の擁護者としての役割を果たすものであり、主に以下の三つの機能を持っている。
     一つ目は、行政監察や行政統制などを通して、行政をコントロールする機能である。具体的には、各行政機関において、行政執行が公正に行われているかどうかを監視・調査するというものであり、その結果如何で、意見表明や勧告などの具体的な行動につながっていく。
     二つ目は、市民からの苦情を受け付け、処理する苦情処理機能である。本来的には、行政側に直接苦情を受け付ける窓口も存在するが、手間や時間がかかったり、対応が悪かったりという問題があるため、簡便でアクセスが容易な苦情のはけ口としてオンブズマンが苦情を受け付け、調査を行い、勧告などによって救済を図るのである。
     三つ目は、行政手続きや規則などに問題がある場合に、それらを改善するよう勧告を行う機能である。先述した二つの機能を、具体的に改善につなげるステップが勧告であり、行政執行手段の改善を促す働きを持っている。
     また、こうした一連のオンブズマンの機能は、上で述べたような直接的な効果だけでなく、職員の意識改善機能や、..

    コメント1件

    Waka at BASE 販売
    平成21・22年度対応です。「合格」レポートですので参考にして下さい。
    2009/05/15 23:32 (7年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。