「物理的環境」と「化学的環境」について(保健体育講義)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,566
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活環境とは、ヒトにとって自らに与えられるあらゆる外部の現象や刺激のことをいう。生活環境を構成する環境因子として例えば、電波や風などの物理的な環境因子、ホルモンやプラスチック製品などの化学的な環境因子、インフルエンザやカラスなどの生物学的な環境因子、職場や交通などの社会的な環境因子、芸術や趣味などの文化的な環境因子などが挙げられる。
     物理的環境とは、目に見えないが主に温度や音などでヒトが知覚して影響をうける環境因子のことをさす。ただし、電波や放射線など、ヒトの目や耳で知覚できないものもある。
     物理的環境のうちヒトに悪影響を与える例として紫外線が挙げられる。紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち波長が短くエネルギーの高い光のことであり、波長は約200nm~380nmである。紫外線はさらにUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられる。UV-Aは真皮まで届き皮膚の老化を早め、UV-Bの反応を増幅させる。UV-Bは表皮にダメージを与え、炎症を引き起こす。UV-Cと呼ばれる最も有害な紫外線のほとんどはオゾン層によって吸収されるので、通常地球上には届かない。しかし、近年のオゾン層の破壊に..

    コメント1件

    Waka at BASE 販売
    平成21・22年度報告課題集対応です。「合格」レポートですので参考にして下さい。
    2009/04/01 15:53 (7年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。