年金制度の現状と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,608
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本企業年金問題障害制度改革国民記録保険

    代表キーワード

    年金制度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在の日本の年金制度は、3階建てとなっており、原則として20歳以上60歳未満の日本に居住するすべての国民は、国民年金に強制加入し、資格期間が25年以上ある人が、65歳になった時に1階部分として老齢基礎年金を受給することができる。
    サラリーマンや公務員などには、厚生年金や共済年金に企業や組織が強制加入しなければならず(労使折半)、1階部分の老齢基礎年金に加えて、2階部分の老齢厚生年金や退職共済年金を受給することができる。
     この他任意の選択により、3階部分の国民年金基金や確定拠出年金に、企業では社員のために各種の企業年金に加入して掛金を拠出し、老後に受給することができる。
    また障害を負った場合に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。