障害者ケアマネジメントの理念と原則及び社会福祉士の役割について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,346
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケアマネジメントとは、地域で暮らす障害者や高齢者が、地域に散在する多くのサービスを有効に活用できるように支援するものであり、本人の主体性、自己決定を尊重し、福祉・保健・医療・教育・就労等の幅広いニーズと様々な地域の社会資源の間に立って、総合的かつ継続的なサービスの供給を確保するための重要な援助方法である。
    障害者ケアマネジメントの基本理念として、「①ノーマライゼーションの視点②自立と社会参加の支援③自己決定の尊重・支援④地域における生活の個別支援⑤エンパワメントの視点」が挙げられている。
    障害者ケアマネジメントにおいて特に強調されているエンパワメントは、サービス利用者が課題を解決していくにあた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。