社会福祉士の倫理要領と相談援助活動のあり方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,590
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉士の倫理網領を今日的状況において解釈するならば、「人権の尊厳と社会正義の倫理に則り、専門的知識と技術を持って、何らかの社会的支援を必要とする利用者の相談に応じ、その者と社会環境との相互作用関係を的確にアセスメントし、必要となる支援計画に基づきながら、その者が自らの能力を最大限に活用して自立した日常生活を営むことができるように、利用者のエンパワメントを図るとともに、利用者が必要とする社会資源の調整や開発をはじめとする社会的な支援を行うこと」と捉えられよう。
    この倫理網領は、援助者の価値や倫理により十人十色の援助を行うのではなく、すべての社会福祉士が同じ判断基準や行動の指針を持ち、利用者本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。