行動療法と認知療法とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数675
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理療法には、その基礎となる人格・発達・学習理論があり、それに基づいての多種多様な技法がある。社会福祉士がこれらを業務で活かすためには、各技法の特徴や方法、また対象となる人などを十分理解しておくべきである。そこで私は、お互いに深い関係性を持つ、行動療法と認知療法について述べたい。
    まず、行動療法とは、学習心理学の領域で明らかにされた人間の行動の原理をもとに、病気の症状や問題行動を不適切な学習の結果と考え、新たに学習、再学習することによって、人の不適応行動を減らし、適応行動を増やしていこうとする試みである。   
    行動療法の具体的方法としては、まず対象者の心の病気が、どのような状況下で、どのよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。