個別援助技術の意義と定義の変遷について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数449
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケースワークという用語はもともと、個別的な効果を意識した援助の方法を意味する概念で、caとwoという2つの単語が合成され、今日の専門用語ケースワーク(個別援助)へと一般化されてきた。                                 ケースワークは社会生活上の諸問題に直面して困難な状況におちいっている個人または家族(クライエント)に対して、その困難な状況から自立できるよう専門家(ケースワーカー)が個別的に援助していく過程である。このケースワーカーとクライエントの専門的対人関係を軸にケースワークは展開される。                  □ケースワークの起源は、⑲世紀後半のイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。