パーキンソン病の特徴について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数679
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     パーキンソン病とは、1817年にイギリスのジェームス・パーキンソンが最初に報告した病気である。パーキンソン病の日本での有病率は人口1,000人当たりに約1人と言われており、10万人以上の患者がいると推定される。     
    発症年齢は50歳~60歳代であるが、70歳代以上の高齢や40歳前の若年で発症することもある。一般的には遺伝する病気とは考えられていないが、若年での発症は遺伝子の異常があるケースが多いことがわかっている。    
    脳にある中脳黒質では、ドーパミンという重要な神経伝達物質を作って基底核に連絡している。パーキンソン病では、この中脳黒質の神経細胞が変性することにより(原因は不明)、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。