スーパービジョンの意義と役割について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,903
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークにおけるスーパービジョンとは、一定の業務にあたって多くの場合、より経験の少ない働き手に対して、教育、支持、監督の目的を持って、定期的に面接、その他の方法を用いて提供される活動をいう。
    社会福祉援助は、面接、グループ活動など対人関係を用いて行われるものを含み、かつ地域の社会資源及び関連の法制度、行政との関連のもとに行われるものである。そのため、所属する機関や施設の機能に沿って、援助の質を高めるとともに、専門職としての知識、技術、倫理、感性、言語、動作などを身につけることが重要となる。しかし、経験の浅い職員が、これらの専門性を活用しながら、生じた課題や法律・制度の改正に合わせて継続..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。