ケアマネジメント過程におけるアセスメントの意義と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,965
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    複合的なニーズを抱えた人々が、住み慣れた地域社会で生活を続けるという「ノーマライゼーション」や「クオリティ・オブ・ライフ」の理念を実現するためには、フォーマルサービスやインフォーマルサービスなど多種多様な社会資源を、対象者のおかれている状況やライフスタイル、経済的条件等に応じて有効かつ適切に活用することが必要である。
    ケアマネジメントとは、こうした地域ケアにおいて効果的支援を展開するための援助技術方法であり、ケアマネジメント過程は、①インテーク〔受理面接]→②アセスメント[生活課題の分析]→③プランニング[サービス計画の立案]→④サービスの実施→⑤モニタリング[サービスの進行中における中途の評..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。