DV法の概要と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数636
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    DV課題DV法家庭内暴力

    代表キーワード

    DV法家庭内暴力

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ドメスティック・バイオレンス(DV)」 は、アメリカの女性解放の運動家たちによって使われたのが始まりとされており、日本語で直訳すると「家庭内暴力」となる。しかし、家庭内暴力には多様な形態があり、これらと区別をするためにDVは「親密な関係にある男性から女性への暴力」と定義されている。
    これは法的な婚姻関係や、現在交際している相手だけに限らず、夫はもちろん、前夫、婚約者、元交際相手などが含まれる。
    女性に対する、身体的・心理的・性的・経済的な暴力の背景には、古き時代の家父長制があると考えられている。日本では第二次世界大戦以後に、男女平等の理念が打ち出され家父長制は否定されたが、女性は男性に従わな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。