今年のミレニアムスター

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数666
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    今年のミレニアムスター
     2006年5月1日で超新星残骸SN1006が爆発してからちょうど1000年になります。この記録は日本の古文書『明月記』に残されています。これは世界に誇っていいことでしょう。歴史上最も明るく輝いたとされるSN1006の1000歳の誕生日を記念して,X線天文衛星「すざく」で観測した,この超新星残骸の新たな姿を紹介しましょう。  藤原定家(1162-1241)は56年間にわたり,『明月記』にその時代のさまざまな出来事を書き留めました。旧暦の寛喜2年(1230年)10月末,客星(おそらく彗星)が現れました。客星の出現は吉凶の前兆です。数年前から洪水や飢饉など悪い事件が続きました。定家は客星出現と吉凶に関心を持ち,陰陽師(おんみょうじ)の安倍泰俊(安倍晴明の6代目の孫)に過去の記録を調べさせました。その報告をもとに「客星古現例」を寛喜2年11月8日に記したのです(冷泉家時雨亭文庫特別展「国宝明月記」パンフレットより要約)。  その一節に「一條院 寛弘三年四月二日 葵酉 夜以降 騎官中 有大客星 如螢惑」とあります。「西暦1006年5月1日,騎官(現在のおおかみ座付近)の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。