宇宙の隣人がか座β星-在りし日の太陽系の姿を見る-

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数494
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    宇宙の隣人 がか座β星
    在りし日の太陽系の姿を見る
     私たちの住む太陽系は,どのようにして生まれたのだろうか。ほかにも太陽系に似た惑星を持つ星はあるのだろうか。  この天文学の大テーマに挑むには,星の周りで惑星が生まれるところを見ればいい。しかし言うは易し,行うは難し。惑星は,星が生まれるときに周りにできるガスと塵の円盤の中で生まれる。が,円盤は何しろ小さい。その中でも惑星がいる部分はせいぜい円盤の内側10分の1のところだけだ。だからよっぽど視力のいい望遠鏡を使わないと,惑星そのものは見ることができない。  そういうわけで,惑星そのものは今の技術ではまだ見ることができないから,天文学者はまずは円盤を調べることから始めた。図1は,円盤を持つ星としておそらく最も有名な,がか座β星の画像だ。中心の星はすでに完成してしまっているのにまだ星の周りに円盤を持つ面白い星で,このような星は「ベガ型星」と呼ばれる。1984年に赤外線天文衛星IRASが,ごくありふれた星だと思われていたベガ(織姫星)が思っていたより赤外線でずっと明るいことを発見したのが最初だったので,こう呼ばれる。がか座β星もそんな星の一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。