宇宙の忍び人-IRC+10216-

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数438
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    宇宙の忍び人
    IRC+10216
     お尋ね者あり。その名はIRC+10216,またの名をCW Leo,またあるときはRAFGL 1381,もしくはIRAS 09452+1330。年のころ数十億歳。色,暗い赤。煙幕を張って姿を隠す。光では11等級以下。炭素多し。  と,まるで忍者のようだが,1960年代半ばまでこの星はうまいこと人の目をくらまし,世に知られることなく潜伏していた。しかし,今やこの星は,天文学者ならば誰でも知っているほどの超有名天体の一つである。赤外線天文学の発達が,防犯カメラのようにこの怪しい星の姿を捕らえたからである。  この星が「逮捕」されたのは,1965年。赤外線天文学が始まったばかりのころである。2.2ミクロンという波長で赤外線天体を片っ端から探す,という初めての赤外線サーベイ観測プロジェクトによってである。観測が始まった当初から,この天体は注目されていた。当時知られていた赤外線天体のどれよりも,群を抜いて明るかったのである。4年後,初めてその存在を報じた論文のタイトルは,「異常な赤外線天体*」。この天体はいったい何者か?この論文では断定されていない。捕まってもな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。