宇宙の巨大な蛸-エイベル851銀河団-

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数449
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    宇宙の巨大な蛸
    エイベル851銀河団
     銀河団とは,100個以上もの銀河が差し渡し500万光年程度の空間に群れる宇宙最大の天体であり,その美しい姿は我々の周りに広がる銀河宇宙への浪漫をかき立てる。エイベル851銀河団は,そんな天体の一つである。この銀河団は,1950年代に米国パロマー山天文台が,口径48インチの望遠鏡で行った大規模な銀河探査によって発見され,1958年発表のエイベル銀河団カタログの851番目に登場する。それから30年近く後になって,この銀河団が我々から43億光年の彼方にあることが分かった(Gunn et al.,1986)。銀河団から発せられる光が我々に届くまでに43億年かかるということは,宇宙の歴史130億年をおよそ3分の1さかのぼった,昔の銀河団の姿を我々は眺めていることになる。  エイベル851銀河団は,その後も銀河天文学者の格好の研究対象となり,数々のエポック・メイキングな成果とともに歩んできた。米国のハッブル宇宙望遠鏡は1992年から1994年にかけてこの銀河団を観測し,その驚異的な空間解像度で,このような遠方の銀河団として初めて,個々の銀河の形態を詳細に分類..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。