宇宙のワンパク赤ちゃん-おうし座Lynds1551 IRS5-

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数1,156
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    宇宙のワンパク赤ちゃん
    おうし座Lynds1551 IRS5
     悠久に思える星々にも,人間と同じように誕生の瞬間があります。人間の赤ちゃんがお母さんのおなかの中でゆっくり育つように,星の赤ちゃん(原始星)は冷たく密度の濃い分子ガスの塊(分子雲コア)の中で生まれます。赤ちゃん星は恥ずかしがり屋なので,分子雲ガスの奥深くに隠れていて,目に見える光(可視光線)では見ることができません。もっと波長の長い赤外線や電波か,X線のような強いエネルギーの光で見ることで,初めてその姿をとらえることができます。
    図1 国立天文台のすばる望遠鏡で見たLynds1551 IRS5の近赤外線イメージ。 中心星に照らされた周囲のガスと2本のジェットが見える。
    赤ちゃん星は,どこにいるのでしょうか。冬の夜空に美しく輝く星団,昴(プレアデス星団)をご存知でしょうか。この星団のすぐそば,太陽から約500光年の距離に,赤ちゃん星の巣となる,おうし座分子雲があります。図1は,その中でも最も明るくて元気な赤ちゃん星Lynds1551 IRS5※3を,近赤外線で見た写真です。濃いガスに覆われているため近赤外線でも星そのものを見..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。