水星とプラズマ波動

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数588
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    水星とプラズマ波動
     水星とその周辺の宇宙環境について直接的な観測に基づく情報を得るには、マリナー10号による観測結果に頼らざるを得ません。その他、地球上からの観測によってもたらされる情報もありますが、ことプラズマ波動に関する情報は、この両者からはほとんどないといえます。宇宙空間においてプラズマ波動は、エネルギーを伝える媒体としての役割を担っています。これは、宇宙空間中では、そのプラズマ粒子そのものが衝突して直接エネルギーを交換することは、非常にまれであるからです。これを無衝突プラズマといいますが、この物理的概念が宇宙空間に普遍なものであるならば、水星周辺でもプラズマ波動の成す役割は、同じであるといえます。
    ベールの向こう側
     さて、そのようなプラズマ波動ですが、マリナー10号にはそれを観測する装置は搭載していませんでした。また、水星のように固有磁場強度が弱い惑星から放射されるプラズマ波動は、周波数が低過ぎて水星外へ伝搬できないと考えられるので、地球からは観測できません(例えば、固有磁場が強い地球や木星などの惑星から放射される電波は、その惑星外からでも観測できます)。従って、水星付近で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。