金星雷論争

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数484
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    金星雷論争
    地球における雷放電
     地球全体で発生する雷放電は、平均すると1秒間に40回から100回程度といわれる。このうちの多くは雲内あるいは雲間での現象であるが、雲地上間で起きるものが落雷である。非線形的な破壊現象である雷放電は、個々の現象は大変複雑でメカニズムの解明は容易でない。しかしながら、積乱雲全体や地域ごと、世界全体で見たときの、ある程度統計的な振る舞いは、大気の活動を示す一つの指標として非常に有効であることが分かってきた。  例えば、地球全体の雷放電活動はELF電波や大気の鉛直電場の観測などから見積もられるが、それが地球平均気温の変動や衛星から観測された水蒸気量と、高い相関のあることが示されている。また、雷放電データの高時間分解能を活かした、積乱雲の中での潜熱輸送量推定や、集中豪雨を直前に予測する手段としても検討に値する。最近では全球雷放電活動に顕著な太陽自転と一致する周期が発見され、太陽活動と地球大気変動の関係を示唆するものとして注目を集めている。一方、大気組成への影響という点でも、対流圏におけるNOx生成量の2~8割が雷放電に起因するともいわれている。また、落雷は雷雲地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。