金星大気の宇宙空間への散逸

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数777
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    金星大気の宇宙空間への散逸
     金星の大気は、地球のものと大きく異なる姿を持つ。地表近くで90気圧、組成の96%をCO2が占め、水蒸気もわずかしか含まれていない。また、高度50~70kmには金星全体を覆い尽くす厚い硫酸の雲が形成されている。そしてCO2による温室効果によって表面温度は400度以上にもなり、鉛も溶け出す高温高圧の過酷な世界となっている。  金星は、質量、大きさ、太陽からの距離が地球と似ており、「地球の双子惑星」といわれる。にもかかわらず、金星の大気環境はなぜ、これほど地球と異なる姿を持つに至ったのであろうか。惑星間の大気環境の差異を生み出す要因はいろいろあるが、金星の大気が現在のような姿を持つに至った要因の一つとして、大気の宇宙空間への散逸が重要な役割を果たしているのではないか、という考えがある。
    失われた水の行方
    図1 金星からの荷電・中性大気散逸過程(金星探査計画提案書より)
     金星の超高層は宇宙空間に開いた系であることから、さまざまな過程を通して大気構成要素が宇宙空間に流出し得る(図1)。例えば、過去のある時期に金星に大量に存在していたことがいくつかの証拠から示唆され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。