金星をめぐる不思議な風

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数430
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    金星をめぐる不思議な風
     古くから明けの明星・宵の明星として親しまれてきた金星は、太陽系の中で唯一、地球に匹敵する大きさを持つ地球型惑星である。しかしこれまでの観測によれば、金星の環境はさまざまな面で地球とは大きく違っている。濃密な大気のほとんどが二酸化炭素であることや、その温室効果のために摂氏460度という灼熱地獄が生じていることなどが挙げられるが、ここでは惑星スケールの風(大気大循環)に注目する。
    地球をめぐる風
    図1 金星からの荷電・中性大気散逸過程(金星探査計画提案書より)
    金星大気の「超回転」
     それでは、金星の大気大循環はどうなっているのだろうか。金星は地球とは逆方向(西向き)に周..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。